メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  摂心会について

http://www.ningenzen.jp/img/about/about_img01.jpg 








参禅弁道(坐禅)

本格的に禅の修行をするためには、古来から「正脈の師家」に参じることを求められていますが、そのことを「参禅弁道」といいます。
「摂心会」とは、本格の修行をするために一定期間、専門の道場に泊り込んで「参禅弁道」を積み重ねることです。これをすることにより、坐禅の修行の主眼である「自己の真面目」を自ら明らかにしていくことを目指します。
この「自己の真面目を自ら明らかにしていくこと」を「見性悟道」といいますが、これを達成するにはこの摂心会の場が最も相応しいといえます。
して「参禅弁道」とは、各人がそれぞれの修行によって得た自己の見解を、各人が個別に、正脈の師家の前に提示しその浅深・邪正を鑑別してもらい、それを積 み重ねていくことにより、その人自らの「悟道の境涯」(悟りの深さ)を高め、その後の粘り強い継続と更なる高みへと自分を奮い立たせる力を養うことができ ます。

<代表的な摂心会の日課>
5:00
起  床起床と共に朝の掃除です。洗面と着替えを済ませたら静坐に入ります。
5:30
静  坐朝の清々しい空気の中で坐ります。
6:30
参  禅室内での師家との公案見解のやり取りです。
7:30
朝  食禅堂にて皆で用意し、静坐した中で頂きます。一汁一菜が基本です。基本的に朝食前にお茶席があります。
8:30
作  務道場内、道場外の清掃です。三昧になって行います。
10:00
作務止め作務後の休憩です。
10:30
静  坐午前最後の静坐です。
11:30
参  禅午前最後の参禅です。
12:15
昼  食禅堂にて皆で用意し、静坐で頂きます。昼食後は少し長めの休憩が入ります。
14:15
作  務午後の道場内、道場外の清掃です。午前にやり残したものをやりきるように段取りします。
16:30
作務止め作務後の休憩です。
17:00
静  坐夕食前の静坐です。
18:00
夕  食禅堂で皆で用意し、静坐で頂きます。夕食後は「提唱」の準備です。
19:00
講本下読老師の法話である「提唱」で使うテキストの「下読」を行います。下読の前に少し坐禅を行います。
19:30
提  唱老師からの「法話」です。色々な気づきを頂ける大切な法話です。
20:30
講後参禅一日の最後の参禅です。
21:30
一日の最後に「真向法」と言う柔軟体操を行います。とても気持ちの良いストレッチです。
22:00
開  枕自分で布団を整え、禅堂で皆で眠りにつきます。
          この後に坐禅をしたい方は、他の場所にて「夜坐」を行う方も見えます。

プリンタ用画面
前
善光寺別院・願王寺のご紹介
カテゴリートップ
人間禅と名古屋禅道場の概要
次
禅堂での作法