メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 連歌会愛宕百韻の真相

連歌会愛宕百韻の真相

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
nagoyazen 2018/7/21 12:40

愛宕百韻の真相

愛宕百韻とは、光秀が本能寺の変を起こす前に京都の愛宕山(愛宕神社)で開催した連歌会のことである。

光秀の発句「時は今 雨が下しる 五月哉」をもとに、この連歌会で光秀は謀反の思いを表したとする説がある。「時」を「土岐」、「雨が下しる」を「天が下知る」の寓意であるとし、「土岐氏の支族・明智氏の出身であるこの光秀が、天下に号令する」という意味合いを込めた句であるとしている。

あるいは、「天が下知る」というのは、朝廷が天下を治めるという「王土王民」思想に基づくものとの考えもある。

また歴史研究者・津田勇の説では「五月」は、以仁王の挙兵、承久の乱、元弘の乱、が起こった月であり、いずれも桓武平氏(平家・北条氏)もを倒すための戦いであったことから、平氏を称していた信長を討つ意志を表しているとされる。

しかし、これらの連歌は奉納されており、信長親子が内容を知っていた可能性もある(信長も和歌の教養は並々ならぬものがあった)。

愛宕百韻後に岩見国の国人・福屋隆兼に光秀が中国出兵への支援を求める書状を送っていたとする史料が近年発見されたことから、この時点では謀反の決断をしておらず、謀反の思いも表されていなかったとの説もある。

この連歌に光秀の謀反の意が込められていたとするなら、発句だけでなく、第2水上まさる庭のまつ山についても検討する必要があるとの主張があるが(第2句の読み手は光秀ではない)。

「水上まさる」というのは、光秀が源氏、信長が平氏であることを前提に考えれば、「源氏がまさる」という意味になる。「庭」は、古来朝廷という意味でしばしば使われている。「まつ山」というのは、待望しているというときの常套句である。したがい、この第2句は、源氏(光秀)の勝利することを朝廷が待ち望んでいる」という意味になるという。
(ウィキぺディアより)


里村紹巴と愛宕山
岐阜洞戸坐禅道場IT担当

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoyazen.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/542